お尻ダイエット - ミライエ鍼灸整骨院-ジム

お尻ダイエット HIP-DIET

このようなお悩みはありませんか?

  • お尻がたれてきたように感じる
  • お尻の横幅が張り出して、大きく広がってしまった
  • 太ももとお尻の境目がなくなってきた
  • お尻が硬くて、四角く見える
  • お尻がぺたんこで、横から見たときの丸いカーブがない
ぽっこりお腹

お尻のお悩みも、理想のお尻も人それぞれ。
キュッと上がった小さいお尻、メリハリがついてしっかりと丸いボリュームのあるお尻、まずはどんなお尻になりたいかを決めましょう!

■お尻の形が崩れてしまう原因

お尻の悩みが何かによってその原因もさまざまですが、お尻の形が崩れてしまう多くの原因にはこのようなものがあります。

①運動不足

全体的な筋肉量が不足していると、のっぺりとしたお尻になりやすいです。
特に臀部の大きな筋肉が衰えてしまうと、お尻が垂れてしまいます。
さらにお尻まわりだけでなく、腿裏やふくらはぎ、体幹の筋肉も、美しく整ったお尻を作るのには欠かせません。
また運動不足や筋肉量の低下により血行が悪くなると、脂肪や老廃物も溜まりやすくなります。

②座りっぱなし

長時間の座り姿勢が続くことでも、血行不良により脂肪がつきやすくなります。
身体の筋肉の約70%は下肢に集中しています。座っている体勢では、下半身の筋肉を使うことがないため、その時間は筋肉を動かすことで生まれる血流が止まってしまいます。
お尻の脂肪がつきやすくなるだけでなく、さまざまな生活習慣病になりやすくなるリスクも。
また、座り姿勢が長時間、何日も続くと、筋肉量も低下し、筋肉や周辺の組織が硬くなってしまいます。

③骨盤の歪み、股関節の硬さ

骨盤が前に倒れた形のままの姿勢になり、反り腰になってしまうと、お腹もお尻も筋肉が働きづらくなり、ぽっこりお腹やお尻のたるみの原因となります。
反対に骨盤が後ろに倒れた形に偏ってしまうと、猫背の姿勢になり、お尻が硬くなりやすく、位置が下がって見えてしまいます。
他にも、股関節の可動域の狭さや使い方の癖から、お尻周りの筋肉をバランスよく使えなくなり、脂肪がつきすぎたり、形が崩れてしまったりする原因となります。

■GYM MIRAIEでのお尻の悩み解消法とは?

GYM MIRAIEでは、毎回のトレーニングに必ずプロのトレーナーの指導がつきます。
お一人お一人の体質や体の状態、目標とする体をしっかりとカウンセリングして、理想のお尻作りをサポートしていきます。

トレーニング風景

その上で、理想のお尻作りのために、どの筋肉を鍛えるべきか、ほぐして柔軟性をつけるべきかを考え、最適なトレーニングやストレッチ、エクササイズのご提案をします。
効果が最大になるよう、正しいフォームを丁寧にお伝えしますので、トレーニング初心者の方や運動に自信のない方もご安心ください。

よくある質問

お尻が小さくなると、脚が長くなりますか?

実際に脚の骨の長さが変わるわけではありませんが、お尻のトップの位置や、太ももとの境目の位置が上がることで、脚が長く見えるようになったという方は多くいらっしゃいます。パンツスタイルも格好よく履きこなせると、うれしいですよね

お尻のトレーニングをするとセルライトはなくなりますか?

個人差もあるのですが、筋肉がついて脂肪が減ることで目立たなくなったというお声や、血行がよくなり老廃物がたまりづらくなるので、セルライトがつきにくくなったというお声はよく聞きます。まずは、筋肉量を増やして巡りをよくすることから始めましょう!

ACCESS

住所千葉県船橋市東船橋3-1-6
フィエルテアネックス0101
アクセスJR総武線東船橋駅
北口より徒歩1分
営業時間平日  10:00~21:00
土日祝 9:00~19:00
定休日不定休
TEL047-779-4414