トレーニングしながら、英語の勉強もできるって本当? - ミライエ鍼灸整骨院-ジム

ブログ BLOG

トレーニングしながら、英語の勉強もできるって本当?

トレーニングしながら、英語の勉強もできるって本当?

「トレーニングしながら、英語の勉強もできるって本当?」

トレーニングの用語には、英語のものが多いので
トレーニングしていると、知らず知らずのうちに英語の語彙が増えたり
単語の知識が増えることもあるんです!

1. トレーニングの種目

2. トレーニングの道具

英語で表されることの多い、この2つについて説明していきます。

■トレーニングの種目の名前で英語を勉強しよう☆

「プランク」

 

体幹のトレーニングとして有名な種目、プランクは英語で「plank = (木製の)板」という意味なんです。
よくトレーナーに「体を板のようにまっすぐに、頭から脚まで伸ばしましょう!」と指導されることも多いと思います。
言葉の意味を知ると、どんなフォームにしたらよいのかのイメージもつきやすくなりますね。

 

 

「スクワット」

 

 

下半身および全身運動として効果の高い種目、スクワットも英語です。
「squat = しゃがむ」という意味なんですね。「しゃがむ」は、英語で他にも「bent down」と言うこともできます。
トレーニングをする方には馴染みのある「スクワット」が、英語を話すときにもぱっと出てきやすいですよね。

こんな風に、トレーニングの種目の英語を理解すると、
〇英語の知識が増えて英会話に役立つ
〇トレーニングの種目の意味と目的がわかりやすくなる
という2つのメリットがあります。

ぜひ楽しんで、トレーニングの種目の意味を知ってみてくださいね♪

 

 

■トレーニングの道具

「ケトルベル」

 

最近では、100円均一や300円均一のお店にも売られている、ダンベルの一種、ケトルベル。
持ち手がついているため、普通のダンベルよりもトレーニングのバリエーションが多く、いろいろな筋肉を鍛えられます。

英語で「kettlebell =やかん・鐘(ベル)」という意味。持ち手の部分と丸い本体がまるでやかんのようですよね? ベルは、もともとお寺の鐘を筋トレに使ったことに由来しているそうです。

こうして、トレーニングジムで出会うカタカナの言葉が気になったら、ぜひトレーナーに聞いてみてください!

東船橋駅から徒歩1分のセミパーソナルトレーニングジム GYM MIRAIEでは、トレーニング大好きなトレーナーがお待ちしていますので、どんな質問も大歓迎です。
もし分からなければ、次回お越しのときまでに調べておきます!(笑)

ジムミライエでは、毎回のクラスに必ずプロのトレーナーの指導がつきます。

しかも、パーソナルジムよりかなりリーズナブルに運動ができるんです。

お一人お一人の体質や体の状態、目標とする体をしっかりとカウンセリングして、ダイエットのための運動をサポートします!

さらに、GYM MIRAIEでは、トレーニングやヨガなど多様なプログラムをご用意しています

ダイエットの目標や期間なども考え、最適なメニューが組めるよう、トレーニングやストレッチ、ヨガクラスのご提案をします。

効果が最大になるよう、正しいフォームを丁寧にお伝えしますので、トレーニング初心者・ヨガ初心者の方や運動に自信のない方にもおすすめです。

ACCESS

住所千葉県船橋市東船橋3-1-6
フィエルテアネックス0101
アクセスJR総武線東船橋駅
北口より徒歩1分
営業時間平日  10:00~21:00
土日祝 9:00~19:00
定休日不定休
TEL047-779-4414